ふとんは圧縮袋へ

ふとんは圧縮袋に梱包してもOK

ふとんを輸送、引っ越しする際の梱包には、引っ越し業者にもらう専用の不織布もありますが、ふとん圧縮袋を使用する方法もあります。

 

ふとん圧縮袋はジッパーのついた厚手のビニール袋にふとんを入れ、掃除機で中の空気を抜くと、ふとんを圧縮することができるものです。薄くつぶれることで体積が小さくなりますから、移動や収納が楽になるという優れもの。最近はホームセンターでも安くて良質のものが購入できるようになりました。

 

ふとん

 

バルブ式がおすすめ 袋に空気を吸い出すバルブがついたタイプがおすすめです。袋の口から空気を吸い出すタイプは密閉度が低く、ふとんのような大きなものは思ったように圧縮されません。ただし、バルブ式とはいえ、かさを減らそうと圧縮しすぎるのはNG。掃除機のモーターに負担をかけますし、後述しますがふとんを傷めるリスクもあります。
素材を選ぼう つぶしても袋から出せば回復する素材にしか使えません。木綿、羽毛は大丈夫ですが、羊毛は圧縮するとそれきりになってしまいます。また羽毛の場合も、圧縮されることで羽がダメージを受けますから、圧縮しすぎるのは避けましょう。回復はしますがふとん寿命はじゃっかん縮むと考えてください。
圧縮袋の強度は低い 圧縮袋に無事ふとんを収納して、そのままトラックに積み込むのは危険です。厚手のビニールでできているとはいえ、思ったほどは強度が高くありません。積み降ろしのときに何かに引っかかって切れたり穴が開くことも考えられます。ダンボール箱やふとん袋に入れてガードしましょう。
移動が終わったらすぐに取り出す

日常的に使用しているふとんの場合は、到着したらできるだけ早く袋から取り出します。ふとんは汗などを吸っていますから、そのまま密閉するとカビが発生する好条件になってしまいます。ふだん使わないふとんは、袋に入れる前に乾燥機にかけておいた方がいいでしょう。

 

取り出したふとんは日に当てて干すか、ふとん乾燥機を使って回復させますが、きれいに回復するためには数日かかることがあります。

ふとんの引っ越しは、圧縮袋に梱包して運ぶ関連ページ

引っ越し先に残された忘れ物。どうすればいいの?
引っ越した部屋で忘れ物を見つけた場合は、勝手に処分するとトラブルになるリスクがあります。部屋の管理者に連絡して任せましょう。前の入居者宛の郵便物が届いたら、「誤配達」と付箋を貼ってポストに投函してください。
引っ越し祝いに好まれるものは何? 現金やインテリアなど
引っ越し祝いは転居から2ヵ月までに贈りましょう。好まれるのは商品券など有効活用できるもの、または食品、小ぶりのインテリアなども、定番です。最近はカタログギフトも人気です。
引っ越し業者の有料オプションの種類
引っ越し業者の有料サービスは、クリーニングなどの基本的なものから、セキュリティを強化してくれるものなど、さまざまです。引っ越し効率が上がるものは、頼んでみてもいいですね。